近所で会えるアプリで検索して大学生のセフレを作った

大学生活を女性で染めるべく、出会い系アプリを利用しました
大学に入ると周囲の女の子たちが、どんどんオシャレになっていきます。
化粧も皆うまくなり、どの女性も魅力的に写ってきます。
しかし、肝心の私自身は大学デビューに失敗してしまいました。
新入生歓迎会、サークル、どちらにおいても孤立してしまい、友達すらろくに作れなかったのです。

 

人生で最後の遊び場とも言えるのが大学でしょう。
この大切な時間の中に女性が入ってこないことは人生の大損です。
とは言うものの、周囲の女性と関わる機会はまったく無くなってしまいました。
そこで私が採った行動が「出会い系アプリを使う」というものでした。
もはやアプリを介してでしか、女性とは出会えないだろうと思ったのです。

 

アプリには私と同じ大学生が数多くいました。
でも男が圧倒的に多数派です。
近い所に住んでいる女性を検索、声をかけていく作業を繰り返し、数日ほどで連絡を取り合ってくれる女性を見つけました。
セフレとして体だけの関係を持って欲しいということです。

 

つい先日に大学に入学したばかりの私が、セフレを作るのです。
急に大人の世界に潜り込んだ気分がして、なんだかワクワクしていきました。
髪型を変えてみたり、ファッショナブルな服を買ってみたりして自分に磨きをかけ、そのアプリでの女性と出会う日を迎えました。

 

私はてっきり、その日は会話や食事程度、あってもデートぐらいかなと思っていました。
しかし、彼女の方はその日のうちにやる気まんまんだったのです。
初見の日にセックス、これが大人の世界なのかと衝撃を受けました。

 

その彼女のうまい誘導の下、私はラブホテルへと入っていきました。
彼女に激しくキスをされ、服も脱がされました。
そして私の背後に回り、チンコを手でシゴき始めたのです。

 

彼女は私の耳に向けていやらしい声を投げかけながら、しごいてくれています。
とても気持ち良かったのですが、いかんせん、ビビってしまい感情を表に出すことができません。
「とても気持ちいです」と敬語を使ってしまう始末です。

 

そんな私の反応を見た彼女は、私を道具のように扱い始めました。
テキトーな態度で私のチンコを勃起させ、それを使って自分だけ気持ちよくなり始めたのです。
私の上で腰を振り何度も何度もイっていました。

 

ただ、女性のこんなにもエロイ姿を見たのは初めてでした。
私の体でこんなにも楽しんでくれるんだという感動を抱いたのです。
結局、彼女とは今でもセフレとして活動としています。
女の彼女が食べる側で、男の私が食べられる側という、性が逆転したような不思議な関係になっています。
【神奈川県|10代|男|学生】

 

>>やれるアプリをスマホで登録してセフレ希望者を見つけるのが常識


PCMAXを無料で試してみる(18禁) >>



・TOP ランキングへ戻る >>セフレ募集出会い系掲示板の口コミを元にランキングを作ったんや

関連ページ

コスプレが趣味なセフレとアプリから会って着衣セックスも楽しむ
出会いアプリを開き、女の子を物色し始めたのです。 着衣セックスがしたい、ということをプロフィールに載せ、セフレになってくれる女性が現われないかと、しばらく待ってみました。しかし、なかなか相手は現われてくれませんでした。私は積極的に自ら女性を誘うようにし、遂に着衣セックスをしてくれる女性をそのアプリで見つけたのです。
セックスする気満々の女性をアプリで見つけて性処理してもらう
暴走した性欲を勢いにして、片っ端から女性を探していきました。そしてうまくセフレになってくれるという女性と出会うことができたのです。